コンテンツ

fAyqsd10rKU9Q4m1431662492_1431662524

fAyqsd10rKU9Q4m1431662492_1431662524

fAyqsd10rKU9Q4m1431662492_1431662524

fAyqsd10rKU9Q4m1431662492_1431662524

fAyqsd10rKU9Q4m1431662492_1431662524

管理人挨拶

日本の企業が、終身雇用制度を始めたのはいつ頃かご存知ですか?
実は、昔からある制度ではありません。戦後から始まったのでまだ100年も経っていないのです。

それまでは、職人が親方のもとに集まり、親方がもらってきた仕事をこなすという間接雇用制が主流でした。
その後、企業が直接職人を抱えるために、紆余曲折をへて用いるようになった手段が終身雇用制度です。
会社に長く勤めれば勤めるほど待遇が厚くなるので、職人はやめにくくなります。

将来の安定を約束された社員たちがモーレツに働いた事で、高度成長期が生まれたと言っても過言ではないかもしれません。

しかし、高度成長期がすぎバブルが崩壊、失われた20年を通して、終身雇用制度もまた金属疲労を起こしています。
人材は職人の時代のように再び、職を求めて転職をするようになってきています。

このような時代の流れによって、「転職」に対する価値観は急激に変わりました。
前時代であれば、一度会社を辞めたら二度と復職できないと考え、どんなに辛くても会社にしがみついていた人たちも
現代のように、転職を自己成長の肯定的な手段ととらえる風潮があれば、勇気をだして転職するかもしれません。
そういう意味では、よい時代になりました。

当サイトでは、新しい転職の価値観を歴史から紐解きつつ、
現在、そして未来の転職観を考察していきます。