人気の転職業種

2012年度の転職人気企業ランキング

2012年、DODAによる転職人気企業ランキング(社会人5000人対象)は以下の通りです。
1位 グーグル(障害者向け求人)(1)
2位トヨタ自動車(2)
3位ソニー(3)
4位パナソニック(4)
5位アップルジャパン(17)
6位資生堂(6)
7位タニタ(42)
8位オリエンタルランド(5)
9位三菱商事(11)
10位任天堂(7)
11位全日空空輸(ANA)(10)
12位リクルート(14)
13位楽天(9)
14位ソフトバンク(28)
15位日本アイ・ビー・エム(43)

※()内の数字は昨年度のランクです。
グーグルは、3年連続で1位である事を筆頭に、上位は4位まで昨年度と変わらず根強い人気を誇っています。
大手メーカーが安定してランキングしている中、急上昇しているのが、昨年42位から7位に飛躍的にランクアップしたタニタです。
タニタは、 社員食堂のメニューが話題になり、メディアに取り上げられるようになり、一気に知名度がアップしました。
転職を希望とする理由には、「(この会社に勤めていて)先が見えなくなった」「会社に魅力を感じない」「収入アップを目指す」「上司、同僚などの人間関係」「勤務日、時間帯の問題(お子さんを持つ方に多い悩み)」「やりがいのある仕事がしたい」
などの理由が多く言われています。

ランキングから考える考察

収入アップや、将来が不安になったという場合には、やはり転職先が大手であるというのは魅力でしょう。
また、上記のランキング上位にはランクしていませんが、女性の転職先に近年増えているのがアパレル系です。
やりがいを求め、自分の好きな事を仕事にしたい!と考える人が増えているようです。
近年「自分らしく生きる」といったような言葉やそうした女性達が、雑誌やTVなどで多く取り上げられ、刺激を受けた方も多いのではないでしょうか?
タニタの件でもそうですが、メディアの効果というものは、やはり絶大ですね。
メディアで情報が発信され、流行が出来て、人に影響を与える。
更に、昨今のインターネット普及で、情報の拡散のスピードはとんでもないことになってきました。
そんな時代を象徴した転職先業種がIT企業でしょうか。
そして、就職が困難になるにつれて資格社会になってきました。
今、人気の資格といえば、簿記とTOICでしょうが、せっかく取得した資格と、前の就業先で得たスキルを活かしたいという方は当然のようにたくさんいらっしゃいます。
最後に、人気業種について述べてまいりましたが・・・「人気」というのは確かに魅力的ですし、そこに転職出来たならそれはそれでとても素晴らしい事です。
でも、今の世の中、そう上手くいかなくても致し方ない部分もありますよね・・?でも、世の中には穴場ってものもありますから♪ どちらにしても良いお勤め先が見つかりますように・・♪