人脈作り

目標を実現するには、人脈も必要です

やはり、目標を実現するには「人脈」も必要。
成功している人ほど「人脈を作る」ということに力を注いでいますので、その大切さを考えていく必要があります。

例えば、元日本マイクロソフトの代表は「1950年代に生まれたひとのみのパーティー」を積極的に開催していました。この年代に生まれたからこそのパーティーだったわけですが、1950年に生まれた人の中にはソフトバンクの孫正義さんや楽天の三木谷さんなどがいたため、大きな「横のつながり」ができたそうです。

この年代に生まれた人が優秀な人ばかりであったという考え方もできますが、まずはこの代表が横のつながりを作るためにパーティーを自ら主宰したということが人脈作りを成功させたのでしょう。

彼の考えのひとつに「面白い人は面白い人とつながっている」というものがあり、その流れに乗ることが大切だとか。一人面白い人に出会うことができれば、あとはどんどんつながっていくという考え方が、彼をここまでの成功に追い上げたのでしょうね。

とにかく「人に合う」ということが大事

やはり人脈作りに成功をしている人の基本といえば「たくさんの人に会う機会をきちんと作っている」ということでしょうか。いくら人脈を作りたくても、「人に会う」ということをしなければそれはできません。

中には、「会社を退社してからのアフター5で、必ず誰かに会うようにしていた」という人も。合コンでも、「合コンやるからいかない?」と声をかけることで知り合いと仲を深めることができ、そこから人脈に繫がって行ったということもあるそうです。このことからも解る通り、人脈作りを成功させることの基本は「人に会う」ということです。自分からどんどん人を開拓していくことができる人は、人脈を広げることができる可能性が高くなるでしょう。

相手のために尽くせるかどうか

人脈というのは、「利用するには、それなりの努力も必要」という側面があります。

いくら人脈があったとしても、自分が一方的に利用するだけの人は信用されません。相手の話を聞き、力を貸して初めて人脈作りは成功と言えるでしょう。そういう難しさがありますので、「お互いが協力し合える関係」をつくることが成功の秘訣です。また、「この人の為なら力を貸してもいい」と思える人とであうことができるかどうかを考えることも大事です。なんにせよ、まずは人に会って自分をアピールすること、相手を知ることが大事と言えるでしょう。