マネジメントスキル

マネジメントスキルって何?

仕事の中でも、よく出てくるのが「マネジメントスキル」というものです。
でも、意外なほどにマネジメントスキルについて良く知らない人が多いですよね。マネジメントスキルとは、いったいどんなスキルのことを言うのでしょう。

マネジメントスキルとは、簡単に言えば「相手を管理し、育てることができるスキル」のことを言います。
よく、芸能人につくマネージャーがいますよね。マネージャーはアーティストのスケジュール管理をすることはもちろんですが、その芸能人育成する」というところまで請け負うのがマネジメントです芸能人なんかはマネーаジャーを通してマネジメントが行われることが多いですね。

マネジメントスキルを身に着けるには

マネジメントスキルを身に着けるには、やはり相手をよく分析することです。
人によって「この人はしっかり叱った方が良いのか、それとも褒めながらやんわりと言った方がいいのか」は違います。
つまり、二兎を見抜く力が必要だということ。

この点に関しては「解る」「その通り」という人も多いはずです。
このあたりが得意なのが、ジャニーズ事務所を率いるジャニー喜多川氏。ジャニーさんは、人によってのマネジメントにとってもたけている人です。たとえば、あのKinKiKidsの二人を育てるときに「堂本剛さんは良く褒めて、堂本光一さんは褒めない」という育て方をしました。なぜなら、剛さんは褒めて延びるタイプで光一さんは厳しくすることで努力をするタイプだったからです。

結果的に二人ともそれぞれの分野で活躍するようになり、今では本当に多くのところで活躍をしていますよね。この様に、「人によって育て方を変える」という方法はとても大切であり、また実践していかなければならないことです。

モチベーションを育てるという考え方

マネジメントの基本は、その人のモチベーションを育てるということ。
どうやったらやる気になるのか、その人のいいところを引き出すことができるのか。それを考えて実践するのがマネジメントです。だから、マネジメントが上手い人というのは総じて部下のモチベーションを育てることが上手いですよね。

マネジメント能力を育てることは難しいことですが、それでもできないわけではないので、しっかりと人を見抜く力を育てることが重要です。そこからすべてが始まると言っても過言ではないでしょう。「どうやったらこの人は伸びるか」を考えてみて下さいね。