経営者の視点

経営者の視点をどう学ぶか

将来的に経営者を目指している人の場合、やはり「経営者としての視点をどう学ぶか」ということが重要になってきます。では、この経営者の視点をどのように学べばいいのでしょうか。経営者としての視点の学び方を考えていきたいと思います。

まずは、経営者を知ること

「経営者になりたい」と考え、色々な方法を模索するのはいいことです。
でも、まずは実際に「経営者が何を思い、どういう方向性で会社を動かそうとしているのか」を知る必要があります。経営者の思いをしることが、まず何よりも重要ということですね。

そのためには、経営者の著書などを読みましょう。
注目されている社長は著書を出版していることが多いので、その著書を読んで「どういう思いがあり、どういった目線で経営をしているのか」を学びましょう。
経営者というのは、私たちとはまた違った目線で企業のことをかんがえている者です。

その目線というのは私たちからすれば意外なものであることが多いですが、やはり経営者となればそういう「意外な目線」を持っていなければなりません。経営者自身の考えを知るという意味で、本を読むことは大切です。

また、最近やSNSでで経営者のことを知るという方法がありますね。
SNSでは経営者の本音が見られることがありますので、情報として見ておくことをお勧めします。

例えば、「ソフトバンク」の孫正義さんはツイッターでフォロワーと気さくに語り合い、自身の考え方を世界に発信しています。その考え方を知るだけでも、大いに勉強になるでしょう。

そして、真似をしてみる

経営者のことを学んだら、自分が「こういう風に生きてみたい」と共感できる経営者を探し、まずは真似をしてみましょう。「こういう時、彼ならどういう選択をするのか」ということを常に頭に入れて動いてみましょう。そうしているうちに、少しずつ「経営」というものが解ってきます。

まずは知ることが大事、そして行動をしてみることが大事ということですね。

経営者というのは、本当に多くの能力に恵まれたひとでなければなることはできません。
もし経営者を目指すのであれば、きちんと学んで勉強をして、自身を常にスキルアップすることが大事ではないかと思います。経営者になるには非常に遠い道を歩まなければなりませんが、日ごろから意識て「なりたい」という気持ちを捨てなければ、いつか必ず実現をすることができるでしょう。経営者というのはそういうものです。