転職難民にならないためにする3つのこと

転職難民にならない為に

企業が自分の人生をすべて面倒みてくれる時代は終わりました。
そのため、会社が亡くなったら、他の会社に移ることになります。
そのようにしていかなければ資金が途切れてしまうからです。
資金が途切れてしまわないように転職をします。
しかし、自分と会社が合わないで、転職を繰り返します。
そうすると転職難民になってしまうのです。
どうしたら、転職難民にならないか。

企業に雇われない働き方

まずは、企業に雇われない仕事を持つことです。
自分でお金を稼いでいくことを考えていくことです。
インターネットが1人1人に行き渡る機会の環境になっています。
パソコンが1台あれば、仕事をすることができます。
例えば、会社がなくなっても自分でお金を稼ぐことが出来れば、転職をしなくてもいいのです。
会社にいるうちは給料をもらうことができます。
そのため、定期的にお金を得ることができます。
そのようなお金でインターネット回線を引きましょう。
そして、パソコンを使わない仕事であっても、キーボードを使うことに慣れておくのです。
そしたら、自分に必要な情報を検索エンジンから探すことができるようになります。
自分に必要な情報をすぐに引き出せば、会社がなくなって、もし転職先を見つけるとしても、自分に合う仕事を見つける確率が上がったり、自分でお金を稼ぐ方法を見つけたりしていくことができます。

人脈作りも大切

他には人脈を持っておくことです。
いちいち面接をしなくても、会社を持っている人間と仲良くなっていれば、その会社にすんなりと入る機会を持つこともできます。
一から会社を探して関係を気づいていくことが大変だからこそ、すぐに辞めてしまうのです。
もともとの関係を持っていれば、互いの能力を図る時期や、自分に合う、合わないと決める時間を削減できます。
そのような仲間を2人、3人ともっておけば、転職をするにあたっても気が休まりましし、張り詰めた中で仕事をしなくてもいいので、勢い余って仕事を辞めると言うようなことにもなりません。
最後は冷静に仕事をしていくことです。
冷静に仕事をしていけば、余計な争いを避ける事ができます。
知らないことは教わればいいのです。
見たり、聞いたりして知っていけばいいのです。
人に聞かなくても生活がかかっているのであれば、マニュアルや書籍を読んで覚えることができます。
顧客との言い争いに我慢をしても、企業内の争いに我慢できなくなって辞めてしまうと言うような人は多いです。
会社を辞めないで働くのであれば、人間関係を保っていくことが必要になります。
これらのことに気をつけてお金を貯めていけばゆとりが産まれます。
仕事をしていくと言うことはお金を稼ぐと言うことです。
そのため、貯金残高が増えて行かないと仕事をしていると言うような実感も薄くなってしまいます。
そうすると、その企業で働いている意味も分からなくなって辞めたいと言うようなことになってしまうのです。
貯蓄をして働いていくことで、転職をしても他人の生活習慣を受け入れ、自分の生活と仕事をコントロールしていくゆとりが生まれるのです。