自分の価値を高めていこう

転職のイメージが変わってきている

昔であれば転職ということはそれほどいいイメージをもつものではなかったようにもおもいますが、今では転職というのはキャリアアップもできるいいことだというように世間の評価も変わりつつあるのではないでしょうか。

ある意味では転職できるぐらいのスキルをもっておかなければならないともいえるのかもしれません。
転職できるようにスキルアップをするといったこともあるでしょう。
仕事をしながら資格を取得するといった人もいまではめずらしくもなくて、むしろそのような努力をしている人はおおくなっています。
既に今の日本の会社で終身雇用をうたっているところはないといっていいでしょう。

自分の実力で報酬を得る

会社が終身雇用ではなく成果主義、もしくは実力主義をとっているのですから、働いている人は実力で報酬を獲得していかなくてはなりません。
そのためには自分の価値を高めていかなくてはならないわけです。
今では転職も簡単にはできませんから、転職をするためには自分の価値を高めていかなければなりません。
それが資格のようなものになるのか、スキルのようなものになるのか、顧客との信頼関係のようなものになるのかは人によってさまざまなのでしょうが、どのようなものであれ、自分の価値を高めていかなければなりません。

自分の価値を高めている人だけが転職を出来るともいえるような時代となっていますから、転職をすることでキャリアアップをするというよりは、キャリアアップをしているから転職ができるといったようなことになるのでしょうか。
いいかたはどうであれ、転職をするということが、このように自分の価値を高めているのですから、そのことが評価されるようになってきているというのはいわばあたりまえといってもいいのかもしれません。
そのため今では転職ということも普通になっていると考えます。
転職もできないようでは困るというわけです。
よそで役に立つような技術をもっていなければ、今の会社でも役にはたたないというわけです。

日本の会社はほとんどが実力主義、成果主義を導入しているわけですから、成果の出せないようなことになっていればすぐに危なくなります。
転職ができるかどうかという前に、今の会社で働き続けることすら危ないというわけです。
ですから、今は正社員であろうが派遣社員であろうがアルバイトであろうが関係のない時代ととなっているのではないでしょうか。
大事なのは仕事でキャリアアップできているのかどうか、よそでも役にたつようなことをしているのかどうかが大事なことです。
役職や呼び名などはどうでもよくて、実際に成果をだせる仕事をしてどんどんスキルをあげていき、自分のキャリアをアップさせていくことが最も大事なことといえるでしょう。
今は転職することで、キャリアアップもできて評価も上がるといったことも言える時代となっているように思います。
それは実力主義の時代では、あたりまえのことなのかもしれません。