非公開求人が多い業界

看護師と保健師

非公開求人が多い業界の1つとして医療業界が挙げることが出来ますがその中でも看護師から保健師になる道筋に関して紹介させていただきます。
基本的に保健師という仕事は非公開求人を通して公募がかけられます。

ここで、そもそも看護師と保健師という仕事は一体なにが違うのかということに関して説明させて頂きます。

まず、看護師という職業に就く者の主な職場は病院、福祉施設になります。
その他、学校の保険の先生なども看護資格を持つものが担当しております。
実務内容としましては病気、怪我などの治療、およびその患者の看護、また必要とあらばそれらの方の身の回りの世話全般を行います。

次に、保健師という職業に就く者の主な職場は市役所、保険所、大学や一般企業が挙げられます。
実務内容としましては、看護師のように治療という事後のものではなく病気やけがの予防策についての指導が主な内容です。
看護師が処置、保健師が予防という考え方で間違いはございません。

看護師から保健師への転職

さて、ここまでで看護師と保健師の違いについて紹介させていただきましたが、実際この二つの職業には関連があると言っても間違いありません。
というのも、少なくはない数の看護師が、自分の看護師という職から保健師という職に移りたいと考えているからです。
なぜかというと、実際問題労働の観点から見ると看護師という仕事と保健師という仕事には業務内容の過酷さが大きく違ってくるのです。
看護師という仕事は、その収入こそ安定しているものの非常にハードな内容で構成されています。
3交代制における夜勤、緊急の呼び出しへの対応など時間的な拘束は勿論のこと、患者の命を預かるという精神的な負担は収入の高さがあったとしても厳しい点です。
それに比べると保健師という仕事は時間高速、精神的な負担を考えたとしても非常に安定的であると言えるでしょう。

一種、看護師から保健師という仕事はキャリアアップであると言っても過言ではありません。
<参考 :
 保健師国家試験 http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/hokenshi/

このように、看護師から保健師になるということは看護師にとって夢であると言えますがその求人情報は基本的に一般公開されていません。
というのも、数多くの看護師がその転職を望んでいる以上、一般公開するとその求人に膨大な数の転職希望者が殺到してしまうことになり兼ねません。

ですので、ここにおいても転職支援サービスが非公開求人という方法を採用している場合が多いです。
本当にその保健師になりたい、と思ってる優秀な看護師と優秀な人材が欲しいと考えている職場のマッチングを、非公開求人という方法が行っているのです。
(非公開求人については、転職サイトコーナーで紹介しています。)

良い求人というのはないことはありません。
しかし、多くの方が求めているのも事実です。
すぐにそのような情報はなくなってしまうと言っても過言ではないでしょう。
転職支援サービスに登録しておいてそのような絶好な機会が訪れた場合あなたならどうしますか?
自分の生活を変える、変えたいと考えている方は是非機会を逃さないようにしてみてはいかがでしょうか?