情報収集のポイント

求人誌から調べる

求人情報を最も見やすいアイテムとして紙媒体というものが存在します。
求人誌はそんな紙媒体の求人情報でも、特に利用者を意識して作成されているものと言えます。

求人誌には各職場の募集条件や、給与・休日といった部分まで、一目で見ることができるようになっています。
そのため、転職活動や情報収集の時間が限られている人であっても、効果的に求人情報を集められると言えるでしょう。

インターネット検索

現在では既存の紙媒体以外にも、インターネットを使った求人情報探しが便利です。
全国レベルでの検索から地方自治体での転職に特化したサイトなど、その種類は様々となっています。

インターネット検索をする際には、より自分が働きたいと思える仕事を探すためにも、複数のキーワードを用いて調べてみるとよいでしょう。
例えばIT系の企業に勤めたい場合であれば、「IT 事務」として事務関係の職に就きたいのか、「IT 営業」として営業関係の職に就きたいのか、それぞれ分けて検索する力を身につけるのが大切です。

ハローワークの利用

より地域に密着した求人情報を集めるには、ハローワーク(職業安定所)の利用も欠かせないと言えるでしょう。
イメージや行き慣れていない場所ということもあり、最初は行く事に躊躇してしまいそうですが、より自分が働きやすい職場を探すためにもしっかりと足を運ぶようにしましょう。

ハローワークではインターネットによる検索同様、パソコンを用いた求人情報を得ることが出来ます。
より検索する人が調べやすいよう、勤務体系や具体的な給与の上限なども確認する事が出来るため、より効果的な情報収集を行えると言えるでしょう。

またハローワークには転職に関する相談員・専門家の方が在住しているため、仕事を変える際の不安な気持ちや疑問点を直接相談することが出来ます。
一人ではなかなか解決しないことも、他人に話すことで解決の糸口が見えてくると言えるでしょう。

普段から利用しているお店から

飲食業や接客業といった職業に就きたいという方は、普段から利用しているようなお店から情報収集をしてみるのも一つの手です。
うまくいけば仲のよい店長さんやオーナーの方から、系列店への相談や直接お店で雇うといった話なども聞ける機会が生まれることでしょう。

もちろん今まではお客様とお店として接していた関係が上司関係に変わる事もあり、今までの接し方もちゃんと考えなす必要があります。
仕事帰りの気持ちの拠り所として利用していたお店の場合、利用できる場所が一つ減ってしまうことにも繋がるため、働く前に気持ちが切り換えられるお店を選ぶことが大切です。
よりお互いが気持よく働けるような職場探しをするようにしましょう。