転職する前に考える事

転職に対する必要性

転職は自分自身だけではなく会社の人々はもちろんのこと、家族やその周辺にも影響をもたらす可能性がある出来事です。
そのため今本当に転職をすることが必要なのか、冷静になって一度考えてみるとよいでしょう。

転職をする際、どういった面で職場を変える必要があるのかも考えてみるとよいでしょう。
給与面に不満があるのか、しっかりとした休日を取りたいのか、転勤が少ない職場が良いのか、理由は人それぞれだと言えます。
自分はどんな理由から今の職場を離れたいのか、しっかりと明確にすることが大切だと言えるでしょう。

今までの経歴・職歴について

転職の際、自分を守れる武器というのは複数持っておく事が大切です。
新たな職場をよりスムーズに探すためにも、自分自身が築いてきた経歴・職歴についてを一度見直してみるとよいでしょう。

一般的にどの企業でも一つの職場で3年以上勤めていない人材については、あまりよい印象を持ちません。
もし今働いている職場が3年未満の勤務年数であれば、転職活動を行わずもう少し時間を見るような考えも必要です。
結果的に自分が有利となる条件にもなるため、しっかりと経験年数も考慮した転職活動をするようにしましょう。

資金面は大丈夫か

転職活動を始めてから実際に働きはじめるまでの間、少なくとも数か月程度の日数を要します。
その期間に必要となる生活資金や転職活動資金もしっかりと計画しておくようにしましょう。

収入がない状態が長期間続くと、どんな人でも不安な気持ちが膨らんできます。
より余裕を持って転職活動を行えるよう、資金の面だけでも安心しておける余裕を持ちましょう。

会社内でのトラブルなど、どうしてもすぐに退職をしたいという方は失業保険を申請するのも一つの手です。
勤務年数によって金額はさまざまですが、向こう1~2か月程度は転職活動に費やせるお金を確保することができます。

長いスパンで計画を立てる

転職を決めた時、長いスパンでどういった活動をしていくのか、また会社を辞める時にはどう対処するのかを明確に明確としてまとめることが大切です。
目先のことだけではなく、これから考えられる問題点をしっかりと解決できるようにしましょう。

例えば、保険証の手続きです。
長年勤めてきた会社から離れ、しばらく転職活動をする場合には保険証を国民健康保険に切り替える必要があります。
気がついたら保険証がない状態になっていた、というようなことがないように、早めの手続きを行うことが大切です。

また、住民税の支払いについてもあらかじめ市役所へ手続き・相談をしておきましょう。
この手続きを怠っていると、再就職した後に膨大な請求が来る可能性もあるので注意が必要です。