転職をする際の方法

転職情報について

さて、みなさんは転職をする際にどのような方法があるとお考えでしょうか?

一般的にはハローワーク、転職支援サイトなどまずは転職において『情報』を集めることから始めるのではないでしょうか?
自分の生計を立てる以前に、様々な環境の変化をもたらす点から生活そのものを大きく変える要素として仕事を変えるということは非常に大きいことになるのではないでしょうか?

しかし、世の中には皆さんがご存じないであろう転職についての秘密があります。
それは、実は企業からの求人はハローワークの求人情報、インターネットサイトに全て掲載されているわけではないということです。

非公開求人という手段

まずは、インターネットサイトについて考えてみることにしましょう。
そもそも、インターネットサイトに掲載されている情報は一体企業がインターネットサイトに掲載を依頼した分量の何割があたるのでしょうか?

一般的に、インターネットサイトに掲載されている求人情報というのは、全体の2割程度だと言われています。
というのは、求人をしたいけれどそれはつまり情報を社外に出すということに繋がります。
情報を社外に出すということは、それはつまりその会社の情報が他の会社にも漏れてしまう可能性があるということです。

特に、何らかの社内の大きなプロジェクトや新規事業に向けて有能な人材を集めたいと考えている会社にとっては致命傷になりかねないのです。
なので、そのような求人はしたいけれどおおっぴらに情報を開したくないと考えている会社が非公開求人という方法をとることがあります。

また、これまで紹介した採用は主に中途採用に関するところと言ってもいいかと思いますが、
もちろん新卒の採用という点でも非公開求人は利用されています。
非公開求人のコンサルタントが、新卒に向けた求人、それぞれ事務、経理、営業など、様々な種類の職種を公開しているのです。
それらにより、求人、就職支援サービスでもあるハローワークですら握っていない情報を得ることが出来るのです。
もちろん、ハローワークにも非公開求人は存在します。
それを就職支援ということで、適職の紹介の案内として掲載するケースも多々存在します。

非公開求人のメリット

非公開求人を行う場合、職を探すもの及び企業の双方にメリットはあるのです。
というのも、まず職を探す者にとってはその企業の非公開求人を手に入れるということは、一般公開されていない分倍率が低いということになるからです。
また、企業としても転職、就職支援のプロフェッショナルの目から通して見た有能な人材を、非公開求人を通して見つけることが出来る、その確率が上がるということが非常に大きな利点となります。

非公開、という名前から勘違いしやすいこの「非公開求人」ですが決してあやしい物ではありません。
むしろ、企業と職を探す者のマッチングを向上させるために中間の組織が積極的に行っている、れっきとした転職・就職支援サービスの1つなのです。