未経験からの転職

人間としての成長部分

未経験からの転職を計画する際、仕事によってどう成長したのかを面接で説明できるようにしておくことが大切です。
年数としてただ長く勤めたというだけではなく、会社にどのように貢献してきたのかを細かく伝えなくては、他の中途採用者と変わらない待遇となってしまう危険性も考えられるでしょう。

今までの仕事内容でどうステップアップしてきたのかを、自分目線ではなく第三者目線での解析する時間を用意しておくとよいでしょう。
他人からどう見えているのかも理解していると、人事へ伝えたい内容が明確になります。

業界用語の使用はNG

これまで働いてきた業種では当たり前だったことも、他業種では通用しないことが多いということをあらかじめ考えておくようにしましょう。
特に普段当たり前のように使っていた言葉であっても、業界用語を使った説明は相手に不快な気分にさせるため、誰が聞いても分かりやすい説明を行うことが大切だと言えます。

普段からの行動も当たり前ではありますが、仕事を行う態度なども周りからどう見られているか理解しておくことが重要です。
長い期間働いてきたから偉くて当たり前、なんて考え方は他の業種では全く通用しないと言えるでしょう。

お互いの立場を考えて

面接の際には職種の違う立場であっても理解をしてもらえるよう、具体的な数値や内容に落とし込み分かりやすい説明を行うことが必要です。
その際には専門的な話を行うのではなく、誰でも解釈できるような話を心がけるようにしましょう。
より深い話をしたいがために内容にこだわりを持ってしまうと、今までの知識を自慢するような形になってしまい逆効果と言えます。

面接という場所では、人事と求人に応募した人間という立場である以上、意志の疎通がスムーズに行えるかという部分が焦点と言えます。
どんな気持ちで転職を考えたのかを明確に示すようにしましょう。
未経験の職種へと転職するならば、人間としてより柔軟性を持ち合わせることが大切です。

今までの行動を整理してみる

自分が今まで経験してきた仕事の中で、どんな結果や行動を会社に残してきたのかを整理する時間を作るのも転職時には必要だと言えます。
簡単に具体的な例を立て、今まで働いてきた勤務年数・期間や工夫をした点を箇条書きに書き出し、それからどんな結果に導いたなどを詳細に書きあげるとよいと言えます。
文章として書きだすことにより、自分に対しての冷静な自己解析が行えるため、他業種においてどんな役職で勤める時にも有利だと言えるでしょう。
今まで体験したことがない業種だからこそ、年数だけではなく別の分野でほかの人との差をつけられるような努力をしておくことが大切だと言えます。