履歴書の書き方について

志望動機は明確に

履歴書は面接時など非常に重要となる書類の一つです。
そのため志望動機として転職先として選んだ理由は明確に記載する事が大切だと言えるでしょう。

ただ漠然と「給与が良いから」「休みが多いから」という理由では、社会人として正しい答えにならないためNGです。
会社の一員として雇ってもらうためにも、会社の人が必要としてもらえるような理由を述べるようにしましょう。

あなたが入社して会社側がどんなメリットを得られるのかを、志望動機といっしょに説明できると良いと言えます。
どんなことであれ会社に貢献できるポイントをしっかり伝えられるようにしましょう。

自己PRは簡潔に分かりやすく

自己PRは伝えたいことがたくさんあっても、人事の方に伝える際には簡潔に分かりやすくすることが大切だと言えます。
履歴書という一つの書類に含まれる文章から、その人が企業にとってどんな人材になれるかを伝えられるチャンスだと考えておきましょう。

自己PRには話がワンパターン化しないように、その場の雰囲気に合わせて変えられるよう複数の話を用意しておくことも必要です。
もし「面接慣れをしている」と思われてしまうと、転職を繰り返しているような人間と思われてしまう危険性があるのでNGだと言えます。
どんな話であっても柔軟に対応する事は大切ですが、場慣れしていることを面接で伝えるのは少し筋違いとなるため注意しましょう。

顔写真の選び方

履歴書には顔写真の選び方にも注意を払う事が大切です。
特に女性の人は髪型や化粧といった部分も、日頃からの身だしなみの物差しとして見られてしまう事もあるため注意しましょう。

写真は顔だけではなく上半身も映るため、服装選びにも注意しなくてはいけません。
そのため撮影時には派手な洋服は着ず、大人しめな色合いのスーツを着用しておくとよいと言えます。
あくまで人事の方に見せる書類なのですから、個性を強調するような写真撮影はくれぐれも避けるようにしましょう。

アピールポイントもしっかりと

職歴の部分・備考欄などアピールポイントをしっかりと書くことが大切だと言えます。
淡々と書きあげた履歴書よりも、見てもらう人に物事を伝えたいと思える書類作りをすると、読み手もしっかりと隅々まで読んでもらえると考えられるでしょう。

自分の中でアピールしたい事が多くとも、長々と書きあげることはNGと言えます
具体的には20文字から30文字前後と、上下の文章をまとめて読んでもらえるような文字数にしておくことが重要だと言えるでしょう。
それぞれ作成する側にとっては細かな部分であっても、読み手である人事の方を尊重しながら、重要な書類作成を心がけることが大切だと考えられます。